ミネラルウォーター画像

マイナスイオン水とは

マイナスイオン水とは、その名前の通りマイナスイオンを帯びた水のことです。
では、マイナスイオンとはどういうものなのでしょう。

マイナスイオンとは、自然の空気中に多く含まれ心身をリラックスさせ、
病気や老化に関する細胞の老化を防ぎ、新陳代謝の活性化を促進する働きがあると言われています。
まさに「空気のビタミン」とも言える要素なのです。
自然の中でマイナスイオンが多いのは、滝や川などで、水がほとばしるような場所に多く存在します。

また、水滴が飛び散るときに水滴からマイナスイオンが飛び出すと言われています。
これは微細な水滴が発生するときに、水滴はプラスイオンを帯びるため、周囲の空気はマイナスの電気を帯びるからです。

また、水辺以外では樹木の多く生い茂る山の中など、湿度が高く水滴が多いところに多く存在します。
私たちが心身ともにリラックスしたい時に自然の多い場所に行きたくなるのは、このような癒し効果のあるマイナスイオンのある環境を求めているからだとも言えます。
このような癒し効果をはじめ、体にも良い影響が大きいマイナスイオンを帯びたものがマイナスイオン水で、
一般的にトルマリンやセラミックなどをつけておくことで作ることができます。

最近では浄水器によって簡単にマイナスイオン水を作ることができるようになりました。
マイナスイオン水の効果はさまざまあります。
体内において微量栄養素であるビタミン類やミネラルを効率よく血液中や細胞内に取り入れる手助けをしたり、
細胞内や血液中の老廃物や毒素を速やかに排出し、体内の解毒作用を促したり、腸内の食べ物の流れや便の流れを良くすることで胃腸の働きを良くしたり、血液の循環を良くして新陳代謝を活発にしたりと、体に対して様々な健康効果が期待できます。

また脳神経の興奮を抑制する効果もあるので、ストレス解消効果もあります。
また、お米を炊いたり料理に使ったりすると味が良くなったり、空中にスプレーすると消臭効果があったりと、
人体に直接摂取する以外でもさまざまな効果があることがわかっており、このような多くの効果でマイナスイオン水は注目されています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.