ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターでガン予防

日本人の死因の約3割はガンだという統計が出ているほど、近年がん患者の数が増えています。
最近の医学の発達により、有効な治療方法も見つかってきましたが、ガンは発症してから治療するより発症を予防するに越したことはありません。
そのガン予防にミネラルウォーターが効果を発揮すると考えられていいます。
そもそもガンという病気はどのようにして発症するのでしょうか。
最初はガン化した細胞が増殖し、それが検診などで発見されるほどの大きさの腫瘍となって「ガン」と診断されるのです。
つまり、最初に細胞がガン化することがなければガンにはなりません。
言い換えれば、例えガン化した細胞があったとしても、それを自然に排除することができればガンにはならないのです。
実は、結構な人であっても毎日数多くの細胞がガン化していると言われています。
しかし、私たちの体にはガン化した細胞を自ら排除する力が備わっています。
これが自然治癒力です。
健康な人はこの力が正常に働いているためガンにはなりません。
反対に不健康な生活をしている人はこの自然治癒力が衰えていき、ガン化した細胞の増殖を止められなくなるのです。
ガン化した細胞を取り除くのはナチュラルキラー細胞(NK細胞)と呼ばれる白血球です。
このNK細胞は血液にのって体内を循環し、ガン化した細胞を見ツけると食べてしまうのです。
よって、血液循環が悪くなるとNK細胞の働きも悪くなり、ガンになりやすいということになります。
ガンになった人の特長としては低体温であることがあげられます。
これは血液循環が悪く、細胞の代謝が低下して体内の熱が産生されないからです。
その証拠に、血液循環不全である糖尿病患者がガンになる確率は3倍になるというデータも報告されています。
これらのことを考えると、血液循環を良くすることが自然治癒力を高めることになります。
それには規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事となり、毎日摂取する水も自然治癒力を高めるために大きな影響があると考えられます。
血液の状態を良くし、循環をよくするためにはミネラルを豊富に含んだミネラルウォーターを摂取すると効果があります。
血液の循環が良くなると代謝機能も高まり、NK細胞も活発に働きます。
また、体内の活性酸素も除去されやすくなるため、自然治癒力が高まり、ガンを予防したりガンの進行を抑制したりできると考えられています。
また、ガンが発症するのは中高年が多いと言われています。
中高年になると体内の水分量が低下したり、細胞内のpHが酸性に傾いてくるので、ミネラルウォーターで十分に水分を補給するとガンの予防効果が期待できます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.