ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターで動脈硬化予防

近年、食生活の欧米化により高脂肪、高コレステロールな食事をする人が増えていますが、
そのような食生活によって起こりやすいのが動脈硬化です。

動脈硬化は、血液中のコレステロールや中性脂肪が高まって、血管の内側にこれらが付着し、
これにより血管が詰まったり老化やストレスなどにより血管自体が硬くなったりする状態のことをいいます。

動脈硬化になるとスムーズに血液が流れなくなるため、体のあちこちに不具合を生じる原因になります。
動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、体中の臓器や組織に必要な栄養や酸素を正常に供給することができますが、コレステロールや中性脂肪が血管にたまっていると血流が悪くなり、高血圧をひきおこし、さらに動脈は弾力性を失い硬く、もろュなっていきます。
大きな病気をひきおこす原因にもなる動脈硬化はできるだけ予防しておきたいものですが、
その予防にミネラルウォーターを飲むことがとても有効であると考えられています。

動脈硬化を予防するためには、まず血液の粘りを薄めることが大切です。
サラサラ血液は血管をスムーズに流れるので血栓もできにくくなり、さらに代謝もアップします。

そのためには、まめに水分補給をして体に十分な水分を補給することが大切です。
その際、さらに効果をあげるためには血液中のコレステロールや中性脂肪が分解されやすいように、
カルシウムやマグネシウムを多く含んだミネラルウォーターを選ぶと良いでしょう。

さらに、動脈硬化を予防するために効果のある飲み方は、朝起きた時にコップ1杯の水を飲むことです。
人間は寝ている間にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。

また、起床後はトイレにいって尿も排出するので朝一番は体が最も水分を失って乾燥している状態なのです。
体内の水分が減ると血液の粘り気が増し、ドロドロになります。
これが動脈硬化をひきおこす原因にもなるため、まず朝起きてミネラルウォーターをコップ1杯飲むと、
血液がドロドロになるのを防ぎ、動脈硬化の防止につながります。

その後も1日に約2リットルぐらいの水分摂取を心がけ、こまめに水分補給するようにすれば、
血液も常にサラサラの状態を保つことができ、恐ろしい動脈硬化を予防できます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.