ミネラルウォーター画像

糖尿病に効く水

今や国民病とまで呼ばれる糖尿病、日本では糖尿病および糖尿病予備軍といわれる人の数が年々増加しています。
糖尿病の主な原因は食べ過ぎによる肥満や運動不足です。
食生活の欧米化や外食産業の発達により高タンパク、高脂肪の食事が増え、野菜不足が深刻化していますが、
このような不摂生な生活習慣がたたって血糖値をコントロールするインスリンが正常に働かなくなります。

では糖尿病を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。
糖尿病を防ぐにはまず過食と肥満を防ぐことが大切です。

その第一歩として水を飲むことが効果的です。
まず空腹時に水を飲む習慣をつけると、物理的ノ胃に食べ物が入る量を減らすことができ、過食を防ぎます。
さらに体内の老廃物を排出して代謝を上げる効果もあり、脂肪が燃焼しやすくなり、肥満防止につながります。

また、糖尿病になってしまった場合にも水は糖尿病の悪化防止に効果があります。
糖尿病は一度なってしまうと完全に治癒することがありません。

しかし、悪化を防止することはできます。
糖尿病になってしまったらより一層血糖値に気をつけなければなりません。
水を飲むことで過食を抑え、血糖値上昇を抑えることが大切です。

そして、糖尿病患者の治療には血糖値を下げるためのインスリン投与を行うのですが、
このインスリンに良く似た働きをするのがバナジウムだと言われています。

糖尿病患者はもちろん、血糖値が高めの人にもバナジウムは効果的です。
バナジウムの摂取方法は、食品からの摂取、サプリメントでの摂取などもありますが、
先に説明したように水を飲むことで過食を防ぎ糖尿病防止に効果があるという点を考えると、
バナジウムを含んだミネラルウォーターが最も手軽で良い摂取方法であると考えられます。

バナジウムを含むミネラルウォーターは糖尿病のほか、高血圧やむくみ、便秘、血行促進などに効果がある
と言われています。
食前にコップ1杯のバナジウムウォーターを習慣にすると、糖尿病の予防や改善の効果が期待できるでしょう。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.