ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターを飲み比べ

最近私のまわりでは、普段の食事や水分補給に、水道水ではなくミネラルウォーターを飲む人が増えています。

経済的なことを考えると水道水を利用するのが一番良いのですが、成分が不安だったり、単に市販のミネラルウォーターのほうが美味しく感じるから等、様々な理由からミネラルウォーターに移行しています。

友人の中には海外の銘柄にこだわりがあって、セールで安く販売している時には驚くくらい大量にまとめ買いをして、自宅に常備している人もいます。
以前の私はそういう人を見ると、お水にそこまでお金がかけられるなんて凄いなと思っていました。

しかし、ここ1〜2年ほど経済的に余裕が出てきたことや、自分の健康のことを考えて食べ物や飲み物の成分を気にするようになってきたことで、ミネラルウォーターに興味が出てきたのです。
ミネラルウォーターには2種類あって、含まれるミネラル類が一定量より少ない場合を軟水といい、
多いものを硬水といいます。
日本国内で産出されるものは軟水が多く、海外産のものは硬水が多いです。

一般的に軟水のほうが飲みやすいと言われていますが、そこは個人的な好みもあるので、
硬水のほうが美味しく感じる方もいるでしょう。

欧米では炭酸が含まれているものも多く、これらをスパークリングウォーターといいます。
今ではネット通販などで、国内外問わず様々な種類のミネラルウォーターを購入することが出来ます。
こういうものは、複数個あるいは大量にまとめ買いをする場合が多いので、ネット通販などを利用して購入すると自宅の玄関先まで届けてもらえて便利です。

私はまず友人からの薦めで、海外産の硬水を取り寄せてみました。
お試しで2週間くらい飲み続けてみようと思ったので、
1.5リットル入りのペットボトルを12本分届けてもらいました。

ミネラル類が豊富なので、ダイエット中の水分補給にも良いということです。
届いたばかりの時は常温だったので、ちょっと飲みにくいかなと思い、すぐに冷蔵庫へ入れました。
夜になってお風呂上りにグラス1杯飲んでみたところ、とても新鮮な口あたりに感じました。

今まではお水といえば水道水ばかりでしたし、なおさら珍しかったのかもしれません。
硬水という種類だけあって、独特の重さを感じました。
味にも特に抵抗が無かったし、なんといっても海外産のミネラルウォーターというのは見た目がお洒落で可愛らしいので、飾っておいても良い気分になれます。
その後、2週間ほど美味しく飲み続けておりました。

さて、そろそろ無くなりそうなのでまた買わなきゃ、と思ってネット通販のページを見ていたところ、
今度は国内産の軟水にも興味が湧いてきました。

海外産のものも良いけれど、自分の住んでいるところから近い場所で産出されるお水というのも
体に馴染みやすくて良さそうだなと思ったからです。

そこで今度は国内産の軟水を注文してみることにしました。
今回もお試しで2リットル入りペットボトル12本分です。
届いて、さっそく冷蔵庫へ入れました。
冷えてから飲んでみると、やっぱり飲みやすいなと感じました。

軟水だからでしょうか、海外産の硬水を飲んだ時よりも自然に喉を通り、ゴクゴクと飲めました。
このように両方のタイプを試してみましたが、私はどちらにも良さがあって美味しく感じられました。

もしどれにしたら良いかわからない場合は、両方を実際に飲み比べて試してみることをお薦めします。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.