ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターの比較と検討

ミネラルウォーターはどの製品も一見すると水でしかないかもしれませんが、
しかし同じ水でもミネラルウォーターとして販売されている水は、採取地によって
または、採取方法やボトリング方法などによってそれぞれ味が違っていて、
メーカーや商品の数ほど水の味が違っているとも言えます。

それだけたくさんの味を楽しむ事ができるミネラルウォーターですが、
味の比較を行う時に注意をしたい事があります。

水を飲み比べる時に、冷えているままの水ではどれも同じような味としか感じる事ができないものもあり、
微妙な水の味わいの違いがわかりにくく、どういった味が良いのか検討しにくくなってしまう事もあります。

そのため、たくさんのミネラルウォーターの中からお気に入りの一本を探すという場合には、
それぞれ比較対象となっている水を一旦常温にまで戻してから飲み比べてみる事が大切です。

過去に飲み比べて検討をした時に、上記の方法を行って試飲する事で冷蔵庫から出した直後の冷えている状態で飲み比べるよりもより比較をしやすくなった事がありました。
それぞれの製品を飲み比べてみることで、一見するとどれも同じように見える水でもそれぞれ若干味が違っている事に気がつきやすくなります。

比較対象としては、国内の地下水、国内の湧き水、そして国内産の海洋深層水、海外の地下水、
海外の湧き水、海外の海洋深層水などとがあります。

それぞれミネラルが水の中に含まれているボトルドウォーターが製品として販売されており、
様々な産地の状況などがら、自然によって作り出された味わいの違いを堪能する事ができるでしょう。

ミネラルウォーターの飲み比べをする際に大切なポイントとしては、
まずは比較をする時にどういった水なのかを調べてから試飲する事が大切です。

硬い水なのか、または柔らかい水なのかで大きく味わいが変わります。
また、水によってはお腹がゆるくなってしまうものもあります。
お腹がゆるくなるかどうかは体調などによっても変わる事があるため、試飲をする時にあわせて確認をしましょう。

一般的に、国内産の水はどれも比較的飲みやすいものが多く、たくさんの人に愛される素直な味わいのものが多く販売されています。
日本産の水は日本人好みの味わいが楽しめる水であるとも言えます。
富士山麓で汲み上げられる天然水にはバナジウムが含まれているものも多く、
このバナジウム入りの水も注目を集めている製品のひとつです。

一方で海外産のミネラルウォーターは、やや味にクセがあるものの、豊富なミネラル分が水の中に含まれていたり、または様々な栄養素が含まれているなどのメリットもあります。
栄養素が含まれている分、特徴のある味わいを楽しむ事ができる製品が多く販売されています。

もし、あまり水の味になじめないばあいには、再び冷蔵庫で冷やしてから飲むようにするか、
または一旦沸騰をさせてから飲む事で、やや味わい易い水にする事ができます。
ミネラルウォーターを購入してから、その味になじめなかった場合には試してみましょう。

多くの水製品は国内産や海外産などがスーパーセンターなどにおいて、様々なものを購入する事ができるようになっていますが、一方で宅配サービスを活用する事もできます。
色々な水の楽しみ方ができるようになってきているため、便利に活用しましょう。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.