ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターでダイエット

私は持病があるのですが、とにかく喉が渇いたままの状態でいると発作が出やすくなります。
同じ病気でも症状は人それぞれですけど、とにかく私はその状態なので水を持って歩くことが多いです。
以前は飲み終わったペットボトルに水道水を入れて持ち歩いていたのですが、水道水は時間がたつと味がおいしくないことが多いので最近ではミネラルウォーターを購入して飲むようにしています。
これならば時間がどのくらいたっても味がまずくなってしまうことがなく、いつでもおいしく飲めます。
ミネラルウォーターには硬水と軟水があります。
日本の水道水は軟水が多いため、硬水の水は飲み慣れないという日本人は多いですが、実は硬水の中にはダイエット効果があるものもあります。
私は一日に必要な栄養をなるべくバランスよくとれるように気をつけているのですが、不足しがちだなというのがカルシウムなのです。
牛乳やチーズ、お魚を食べるといっても限界がありますし、それだったらカルシウムをたくさん含んでいるお水をこまめに飲むのが良いと考えました。
そのお水がフランス産のものなのですが、現地であるフランスでは250年前の国王付きの侍医がそのお水の力に気付き、初めての国として認定されたお水となっています。
このお水はカルシウムが豊富なだけではなく、腸の動きを活発にしてくれるマグネシウムもたくさん含まれているのでダイエットの大敵である便秘の改善や解消にもとても良いのです。
それに品質管理を厳しく徹底しているので飲む側としても安心して飲むことができます。
私にとっては欠かせないものです。
もう一つ飲んでいる水があるのですが、そちらもフランス産です。
けれど、こちらはヨーロッパのお水にしては珍しい軟水で日本人でも飲みやすいのです。
自然のままのまろやかな感じの味で非常においしいです。
またこのお水はカリウムが豊富に含まれているので、余分な塩分を排出してくれ、むくみの解消につながります。
私は座って作業していることがほとんどなのでむくみやすく、このお水はそれを解消するために欠かせません。
しかもこのお水は水源地を守るために周辺の土地を約4000ヘクタール丸ごと環境保護して水質の汚染を防いでいます。
除草剤はもちろん、除雪に使われる塩や化学肥料、農薬などの使用を制限していて、この土地の周囲の畑では有機栽培が推奨されているほどです。
おいしい水ができるのは豊かな大自然のおかげです。
よく喫茶店などではレモン水が出てくることがあります。
あれをまねして私も時々お水にレモンを入れています。
レモンを入れることで味がおいしく感じるだけではなく、ダイエット効果もあるからです。
レモンにはクエン酸が多く含まれていて、これによって糖質が燃えて余分な脂肪がつきにくくなるのです。
それにクエン酸は疲れのもとである乳酸を代謝させて疲れにくい体を作ってくれます。
私は持病があるせいか疲れやすい体質でいつも困っていましたが、レモン水を飲んでいると少し体が楽になるように感じています。
体が元気でいると何事にもやる気が出て行動的になれるのがうれしいです。
これからも愛飲しているお水はもちろん、他にもたくさん種類があるミネラルウォーターを試して自分にあうものを見つけるつもりです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.