ミネラルウォーター画像

種類の違いと飲用に適した方法

ミネラルウォーターには軟水と硬水があります。
私は複数の医薬品を服用しているため、どちらのミネラルウォーターで医薬品を服用した方が良いのかを調べたことがあります。
日本で販売されているミネラルウォーターには日本全国の水源から採取したものと海外の水源から採取したものを輸入したものが販売されています。
一般的に日本の水源から採取された水は軟水の場合が多いことが分かりました。
そして海外から輸入されている水は硬水であることが多いです。
こららの違いは何によるかを調べたことがあります。
それはできれば医薬品が水の成分によって阻害されないためにも必要なことだったからです。
日本の水に軟水が多く、海外から輸入された水に硬水が多いのは硬度の違いによるものです。
では硬度とは何かと調べると、水に含まれるカルシウムやマグネシウムといった成分の量を炭酸カルシウムに換算してあらわしたものになるということでした。
それまで水には成分があることは知りませんでした。
しかし硬水には、この水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量が多いため、できれば医薬品を服用する場合は軟水の方が適しているということでした。
炭酸カルシウムに換算した数値が100未満だと軟水になり、300以上だと硬水に分類されるということでした。
ミネラルウォーターの硬度の違いはどこから生まれるのだろうといった疑問が生じます。
硬度は水源の環境によって変わってくるそうです。
日本の水に軟水が多いのは、日本には雨が多く、雨が地下水の地層に長く留まることなく海へ流れ出るためだと言われています。
そのためミネラルといった成分が少ない軟水が多く採取されることになるそうです。
一方、海外で採取される水はミネラルといった成分が豊富に含まれています。
それはミネラルが豊富な石灰質の地層にゆっくりと浸透して留まり、地下水から湧き出すため硬水が多くなります。
この違いが日本と海外の軟水と硬水の違いになることが分かりました。
医薬品を数種類服用しているため、硬水に豊富に含まれているミネラルといった成分がどのように医薬品に作用するのかが分からないため軟水で飲用しています。
そして何かの文献で医薬品は軟水で服用した方が良いという記事を見た記憶もあります。
軟水と硬水は味や調理方法の違いにもあらわれています。
軟水はクセがなく口当たりがまろやかなミネラルウォーターだと感じます。
また硬水はあまり飲んだことはありませんが、独特のミネラル成分の苦みや味を感じることがあるそうです。
調理する時に向いているのが軟水になり、出汁をとったり、ご飯を炊く時に適しています。
またお茶を入れたりと日本の生活の中で活躍するのが軟水になります。
一方、硬水はアクのでる肉を煮たりする時やパスタを茹でる時に使用するとコシを与えると言われています。
ツまり欧米の調理に適していることになると感じました。
その他にも、石鹸の泡立ちを良くするためには軟水を利用し、スポーツの後のミネラル補給には硬水が適していることが分かりました。
一言にミネラルウォーターといっても軟水と硬水があり、それぞれの違いを知った上で使い分けて飲用することが大切だと思いました。
医薬品を服用している方は、医薬品の効きめを損なわないためにも軟水で服用することが必要になります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.