ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターという味の違う水

ミネラルウォーターというものは、容器入り飲料水においては地下水を原水とするものです。
つまり日本の場合においては無機塩添加などの調整が行われていないものがナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターと呼ばれます。
つまり要約すると、天然の地下水の飲み水という事です。
ミネラルウォーターと言えば、基本的には飲料水として使われるぐらいのイメージしかありませんが、私は料理などにも使用します。
例えるならばラーメンのスープや、煮物やカレー、他にも水を必要とする料理にはときたまにミネラルウォーターを使ってみたりしています。
水というのは沸騰さえしてしまえば基本は同じなので差異があるのか否かは正直分かりません。
しかし病人へと食べさせる御粥などは、ミネラルウォーターで作ってみたところ、普通の御粥で水道水を使った場合のカルキ臭さが無く、食べやすいと言われた事ならあります。
そんな事もあってか、試しに色々なウォーターを使っての調理などもこれまで実践してきました。
ただ、その最中で知ったのですがミネラルウォーターというものは飽くまで飲料水として使われる前提であるので、水道水よりも料理などの調理で使った場合には安全性が著しく下がるなどの事があるという事を知りました。
何せその中には元々炭酸が含まれているものがあったりするのです。
これは軟水や硬水などの、一定水準により水の違いが生まれる話なのですが、其方よりも炭酸が含まれるか否かの海外などで出荷される物の独特性が私には重要視される点となりました。
炭酸が含まれているのか、仮に炭酸が含まれているとしてどの様な調理に使えるのか、そして前述の様な調理においては安全性の有無はどういう所まで検査された商品なのか、そういう所も調べて料理に入ることも多々あります。
今では炭酸の入ったミネラルウォーターを使い、一種のブランデーを必要とする料理のアルコールを減らす役割として使用したりもしています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.