ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターの栄養いろいろ

人間の体の60パーセントは水でできています。
なので、水分を得るということは、健康と直結しています。
そこで役に立つのがミネラルウォーターです。
ただ、ミネラルウォーターと一口で言ってもいろいろな種類があり、含まれている成分によって、舌触りや味わいが変わってきます。
栄養豊富なものでも、好みに合わなかったり、自分の舌や喉にあってとても飲みやすいものなどがあります。
栄養の中で代表的なものは、カルシウムとマグネシウムがあります。
これは硬度と呼ばれるものの判断に使われて、この2つの含有量が多い場合には硬水、低い場合には軟水と呼ばれます。
日本のミネラルウォーターの場合は、軟水がほとんどです。
ですので、多くの日本人が飲みやすく感じるのは軟水となるでしょう。
また、硬水の場合、カルシウムとマグネシウムが多く含まれているので、最初は喉に通りづらいと感じることもあります。
カルシウムは、骨を形作るのに非常に重要な栄養素で、丈夫な骨、いわゆる丈夫な体を作ることに役立ちます。
また、マグネシウムは、体の栄養素と反応して、多くの力を引き出してくれるものとなっています。
他の栄養をとったとしても、このマグネシウムがなければ正しく働かずに、体の外に出されるだけになってしまいます。
いわゆる、マグネシウムは縁の下の力持ち的な存在の栄養素なのです。
 もちろん、ミネラルウォーターの栄養分には他のものもあります。
 まずはカリウム。
これが不足すると、疲れやすくなったり、手足にむくみが出たり、心臓の働きが弱くなったりします。
逆に言えば、カリウムを適切な量摂取出来れば、疲れづらい体を作ることが出来るということになります。
 次はナトリウム。
これが不足すると、めまいやフラつき、食欲減退や脱力感が起きます。
塩も、ナトリウムになりますが、ミネラルウォーターからとるとより健康的にとることができます。
 こういった栄養素のことを考えながら、ミネラルウォーターを選ぶと、日々を明るく過ごすことが出来ます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.