ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターを赤ちゃんにそのままあげてはいけません

赤ちゃんがお腹に来てくれたと分かった時とても嬉しい気持ちになったのと同時にこれからは口に入れるものに気を使わなければいけないと思いました。
私が口に入れたものは全てお腹の赤ちゃんに行く、私がこの子を守らなければいけないと思いました。
そして、夫にそれを話すと夫もそうだねと言ってくれました。
とくに私が妊娠していた時は、震災が有った時で情報が錯綜していたので、自分できちんとした判断をすることが求められました。
そんな時、インターネットの妊婦さんたちが集まるサイトで知ったのが水のサーバーレンタルでした。
何が無くても、水だけは家に置いておきたいと思っていた私にはうってつけだと思い、非常食の役割も兼ねてサーバーをレンタルすることにしました。
いくつかの水を比較したのですが私がこだわったポイントは、まず軟水であるということでした。
なぜなら、赤ちゃんのミルクは水道水または軟水しか作れないからです。
そしてミネラルウォーターは赤ちゃんには適していないと言うことでした。
粉ミルクにはミネラルが含まれているので、ミネラルウォーターで調乳してしまうとミネラルの過剰摂取になってしまうからです。
結果、お腹を壊してしまうこともあるようです。
それをさっそく、何人かのマタニティ友達にも教えてあげるとみんなとても喜んでいました。
中には、実家から調乳用に硬水のミネラルウォーターが大量に送られてきていて知らずにこれを使うところだったと言う友達も居ました。
出産前に、きちんと水の準備をしていたため産後はとてもスムーズに育児をすることができました。
いつでもお湯を汲めるところも、サーバーを利用して良かったと思えるポイントの一つで調乳や湯たんぽ、湯冷ましを飲ませてあげるときなど様々なときに利用しています。
家があまり広くないのですが、スリムな設計なので場所を取らないこともとても助かっています。
今、お腹に2人目を授かったのでこれからますます活躍しそうです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.