ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターは残さず飲み切る

最近とても種類が多くなったミネラルウォーターですが、硬水から軟水まで様々あってどれを選ぶのか大変なものです。
私自身は硬水のものから少しずつ選んでいって自分の好きなミネラルウォーターを見つけることは少しばかり楽しいです。
毎日少しずつ飲んでいって好みを味を選んでいきました。
多くの場合は有名どころで決まるものですが、私は結局自分の家に浄水器を備え付けてお水を飲むようになりました。
私が一番好きなミネラルウォーターはヨーロッパの水が入っているもので汗をかいた時や運動をした後にはこの水を飲むのが一番身体に合います。
硬水に近い水なので少し飲みにくいのですが、デトックスが進むような感じもするので代謝も上がり利尿作用も出るようで健康に良い感じがします。
しかし、水道水とは少し異なり硬水なのであまり量を飲み過ぎるとお腹が緩くなってしまいます。
飲み方には少し気をつけるようにしています。
それでも500ml飲むだけでもお腹が緩くなってしまう事もあるのでできるだけ軟水を飲むように気をつけています。
慣れない水を飲むのは身体が受け付けないようで気をつける必要があります。
私の場合は水は浄水器で飲むのが基本ですが、外でミネラルウォーターを飲む時にはできるだけ日本の水、もしくは軟水に近いものを飲みます。
またこの水の鮮度ですが、できるだけ鮮度の良い状態で飲むのが良いです。
いくら水といっても自然界から採水してきたものですのであまり安全を過信してはいけません。
ボトルを一度開けた水には菌が入るので、開けた瞬間から菌が増殖し長期間放っておくと水の質が落ちていきます。
水というのはとても良い媒質なのでちょっとした事でも色々なものが混ざり込みます。
空気中の物質でさえも水に溶け込むので、開封してから時間のたった者はキレイな水というよりは劣化した古い水になってしまうものです。
どんなに部屋がきれいでも空気中には菌が必ずいるのでそれらが水に溶け込んでは保菌水のような状態になってしまうのでできるだけ早く飲むのが良いものです。
ペットボトルであってもその中まではなかなか洗えないので意外にペットボトルの中は汚くなります。
金魚などを飼ったことがある方は分かると思いますが、水槽の内側は意外とぬるぬるして水のよごれが残っていることがかなりあります。
ペットボトルの中をきれいにしていてもプラスチックの成分が水に溶け込むようでは健康に悪影響がある可能性があるのでできるだけペットボトルはいつまでも長く使わないようにした方が良いでしょう。
ミネラルウォーターは一度開封したら残さずに飲みきった方が安全でおいしい水が飲めます。
私の場合、水はその時に飲み切りますが、たまに少しとっておいてから後で飲もうと少し保管しておくことがあるのですが、そうすると味がかなり変わるのでやはり水の鮮度も変わっているのでしょう。
できるだけ新鮮な水を飲んで健康を維持したいものです。
ミネラルウォーターは今はどこでも簡単に買えるものですし、ペットボトルで便利に持ち運びできてよいものですが、それだけ便利なものに頼り切らずに開けたらすぐに飲みきるようにするのが大切です。
ペットボトルの中までは十分にキレイとは言えないのであまり長い間使わないようにしましょう。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.