ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターを利用する事について

今、色々な種類のミネラルウォーターが販売されており、各社ともそれぞれ独自のこだわりを持っている所が増えています。
自分自身も、水道は整備されていますが、水道水はまず飲まないで、ミネラルウォーターを冷やして飲んだり、常温において飲む事が多いです。
震災があって以降、備蓄品としてミネラルウォーターを購入する様になったのですが、賞味期限があるので、消費してまた新しいのを購入してという事を、繰り返し常にケースで4ケース以上は家にストックしています。
やはり、水道水と違い、濁りもなく、さっぱりしていてどのメーカーの物でもおいしいし、今は、ペットボトル入りの小さいサイズのミネラルウォーターがあるので、持ち歩いて喉を潤すのも便利で常に携帯しています。
水道水も日本では、ちゃんと整備されているので悪くはないのですが、コップに入れた時の濁りを比べてしまうとどうしてもミネラルウォーターを選んでしまいます。
日本は、水資源には恵まれていると思うので、採水地を多く取り、そこから工場等で商品化されるのですが、どのメーカーも常に、最高品質を心掛けているので素晴らしいと思います。
海外産の物も、輸入され店頭では、販売されていますが、どうしても同じ値段だと日本の物を選んでしまいます。
一度、飲み始めると飲み続けたくなってしまう所が、日本の技術の凄さだと思うし、まして国産だと衛生管理、品質管理もしっかりとされているという安心感から自然と商品を購入してしまいます。
夏などの暑い時には、特売日になると必ずと言っていい程、購入してきます。
また、無くなるペースも早いです。
海外に旅行に行くとまず言われるのが水に関してです。
日本と違い海外の水道水は、お腹を下しやすいと言いますが、おそらく水道水が本当に飲めるか不安な面もあります。
海外に行った際は、必ずミネラルウォーターを購入し、そちらを飲むようにするのが無難です。
また、食事等でレストランを利用する際も、お金はかかりますが、ミネラルウォーターを注文するべきだと思います。
楽しい旅行も、体調を崩してしまうと、つまらないですし、思い出も残らないから、日本にいる時以上に飲み水に注意が必要です。
確かに、海外では良く煮沸してからとか、生水は絶対ダメと言われるのですが、どのようにして家庭などに届いているのかもわからないし、消毒もしてあるかどうか不安だし、そうした点を考えると、日本の店でも売られているブランドの物を海外でも購入すれば一安心だと思います。
こうして、水の事を書いてみると、日本は随分、贅沢に生活していると思うし、安心安全の水をもっと大切に使うべきだということが良くわかります。
なので、今後も引き続き、電気と同じで水も大事な資源なので、皆が節水に心掛けて行くべきだし、おいしい水が飲めるという事を感謝しなければいけないと思います。
そして、日本の水が世界で一番おいしい水だという事をもっとアピールしてもいいと思います。
きっと、外国人からしてみれば日本の水は、おいしい、と思われるはずだし、水道の水がそのまま飲めるのに感動するはずです。
こうした、日本の強みをもっと広めていく事が出来ればいいのにと思う事も、しばしばあります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.