ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーター軟水と硬水の使い分け

ミネラルウォーターには軟水と硬水があり、硬度によって分けられている。
硬度は以前はドイツ硬度を使う事が多かったが、最近ではアメリカ硬度のppmを使用する事が多くなっていて、日本で売られているものはほとんどがppmで表記されています。
硬度とは、カルシウムとマグネシウムの含有量で、0〜60ppmを軟水、60〜120ppmを中硬水、120〜180ppmを硬水、180ppm〜を非常に硬水と、世界保健機構(WHO)の基準で定められています。
日本では生活用水の大部分が軟水で、水道局の水も水質基準は炭酸カルシウム換算で300mg/1リットル以下で水質管理設定項目では炭酸カルシウム換算で10〜100mg/1リットルとなっています。
ところで軟水のミネラルウォーターと硬水のミネラルウォーターにはどの様な違いがあるのか、またどの様な使い分けをしたらいいのかを分かっている人は少ないのではないでしょうか。
軟水が全ての面で優れているのなら、硬水が全ての面で優れているのならどちらかのミネラルウォーターばかりになるのにそうはなっていないです。
まず軟水のメリットはまず美味しいということ。
口当たりがまろやかで、飲みやすくゴクゴクいける水になります。
硬水は逆に苦味やえぐみといったクセがあるが、ミネラル分が豊富なのでカルシウムの補給やダイエット、便秘解消などのメリットがあるが、胃や腸、腎臓への負担があるので胃腸が弱い人やお年寄り、赤ちゃんには向かず、場合によっては下痢になったりする場合もあるので注意が必要です。
次ではもっと具体的な使い分けの方法を書きます。
具体的な使い分け、まずは軟水からいきます。
まずは普段ゴクゴク飲むものとして利用すると、浸透が速く吸水性が速いので喉の渇きを癒し老廃物を排出します。
また、赤ちゃんのミルク作りやコーヒーやお茶、出汁などの味や香りを抽出する調理方法や嗜好品に非常に適しています。
また、洗剤や石鹸の泡立ちが良く、洗濯や洗い物に適しています。
水道局の水質基準が炭酸カルシウム換算で300mg/1リットルなのは、それ以上では石鹸の泡立ちが悪くなる為にこの数字になっているという事です。
つまり、一般的な飲用や台所周りやお風呂などの使用に向いているオールマイティーな水になります。
硬水はカルシウム、マグネシウムが豊富に含まれているので、カルシウムやマグネシウムの補給にオススメ。
血行促進の効果があるので、ダイエットや便秘の解消にも役立ちます。
肌は腸の状態とリンクすると言われているので、肌荒れの気になる人にもオススメだが、胃腸や腎臓に負担がかかりやすいので胃腸の弱い方や赤ちゃん、お年寄りには不向き。
炊飯に使うとパサパサした炊き上がりになり、苦味やエグみが強く出てしまうので和食など淡白な味の料理には向かないが、肉などのアクのある食材を茹でたりするする際にはアクが出やすくなるので、肉じゃがなどでは見た目良く仕上がる。
また、パスタなどの麺類を硬水で茹でるとコシが出るとされています。
この様に、デメリットと感じる部分もありますが、どちらの水も良い面が有りますし、うまく使い分けると非常にいい結果が出るものもあります。
自身の生活にあったお水を選ぶ事が大切ですので、お水を買う時はパッケージの栄養成分表をチラッと見てみると面白いかもしれません。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.