ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターを超える海洋深層水のパワー

私が初めて海洋深層水と出会ったのは2年前の夏、高知県室戸市に旅行した時のことでした。
その時宿泊したホテルでは、暑い日だったということもあり、到着したらすぐに冷たい海洋深層水でおもてなしを受け、宿泊した部屋の冷蔵庫の中にも何本かペットボトルの海洋深層水がストックされていて、それは自由に飲んでいいというサービスが行われていました。
また、オーシャンビューテラスのようになっているガラス張りのラウンジがあり、そこでは室戸のジオパークとなっている海岸沿いの雄大な景色や朝日・夕日を眺めつつ、本を読んだり飲み物を飲んでくつろげる、という空間もあったのですが、そこでもコーヒー、紅茶、ジュースと並んで、同じようにペットボトルの海洋深層水が用意されていました。
泊まった日は台風一過の暑い日だったのに加え、ホテルは普通にしていても乾燥してしまうので、このサービスは嬉しかったです。
室戸は陸地から急激に海底が深くなるという特殊な地形をしているそうで、そこからくみ上げる海底の深層水が名産品のようになっていました。
ホテルに行く途中に立ち寄ったn元のサービスエリアでは、地場野菜なども多く並んでいたのですが、その中にはそうした深層水で育てられたという「海洋深層ナス」というものまであって驚きました。
なんでも、深層水はミネラルが普通の水と比べて豊富なので、それで育てたナスも一味違った美味しいものになるのだということを地元の農家の方が教えてくれました。
ミネラルをはじめ各種栄養分が豊富なので、この水で育った海藻や魚なども立派に成長するのだそうです。
そんな海底から採取されたお水の、市販のミネラルウォーターとの違いという意味では私自身の体験からいうと2つあると思います。
1つは新陳代謝がすごく良くなるという点です。
もちろん普通のミネラルウォーターも代謝改善に効果がありますが、海洋深層水は先述のとおりホテルの至る所で自由に飲み事が出来るようになっていたため、最初は何の気なしに飲んでいたのですが、しばらくするととにかく「トイレが近い」状態になることが分かりました。
体中の水分のめぐりが良くなる、という感じです。
普段は脚のむくみで悩んでいる私も、このときばかりはむくみが取れたのか脚まで細くなったのには驚きました。
あまりにも代謝が良くなるので、チェックアウトの日は空港までの帰り道でトイレに行きたくならないように、このお水を飲むのを控えたくらいでした。
もう1つはお肌がサラサラになるという点です。
ホテルの中にはくみたての海洋深層水が直接ポンプで入れられているプールがあり、水着があれば滞在しているゲストは自由に楽しむことが出来るようになっていたのですが、普通の海に入った時と違って、海水に入っているはずなのに、肌がべたべたしないのです。
むしろ、パウダー入りのボディーウォーターを塗ったような感覚で、さらっとしていました。
また、プールから出てそのまま何もボディケアをしていなくても乾燥せず、サラサラの状態でいることが出来たので、お肌に直接塗っても良いお水なのだと思います。
確かに、海洋深層水で作られた化粧水などもお土産やさんで良く見かけました。
滞在中は深層水のパワーを十分に味わい、楽しむことが出来る旅行でした。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.