ミネラルウォーター画像

赤ちゃんのミルクに最適なミネラルウォーター

赤ちゃんの粉ミルクを溶かすのに必要なお湯(お水)赤ちゃんの身体に直接入るものですから安全安心なものを使いたいものです。
水道の水を煮沸しカルキを抜いてから使ったり、浄水器を通して利用する方もいると思いますが、市販のミネラルウォーターを使っている方も多いのではないでしょうか。
ただ、ミネラルウォーターの中には、赤ちゃんにとって胃や腸、腎臓などに負担が強く避けた方が良いものが有ります。
避けた方が良いものとは、ミネラル成分が多く含まれた「硬水」とされるものです。
ミネラルウォーターには「硬水」と「軟水」があり、硬水とは硬度が120ppmを超えるもの、軟水は120ppm以下のもので、日本人が普段接している水はほとんどが軟水で、水道の蛇口から出てくる水も軟水です。
細かく分類すると0〜40ppmがきわめて軟水、40〜80ppmが軟水、80〜120ppmがやや軟水となっています。
味も軟水は口当たり良くまろやかで、硬水は苦味やえぐみがあるのが特徴です。
ちなみに、硬度とは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まります。
つまり、大人がダイエットや便秘の解消、カルシウム補給などの用途で硬水を飲むのは、胃腸が弱くなければ健康的ではありますが、市販のミネラルウォーターを赤ちゃんの粉ミルクに使用する場合は、商品のパッケージの栄養成分表をよく確認し、カルシウムとマグネシウムの含有量の少ないミネラルウォーター(軟水表示されているもの)を選ぶ事が大切です。
天然水は採水場によって硬度が変わるので、同じ商品でも毎回チェックする事が必要です。
ただ、それも面倒なので我が家ではミルク作りに最も適した水を使用しました。
軟水がミルクには良いというのはわかりましたが、それでは赤ちゃんのミルク作りに良いものはどの様な水なのでしょうか。
ミネラル成分が少ない水が良いというなら、むしろ全く入っていないものが良いのではないかと思ったのです。
誤解のないようにしておくと、ミネラルは身体に必要な栄養成分です。
ただ、赤ちゃんやお年寄りには胃や腸や腎臓に負担がかかりすぎて下痢になってしまう事もあるため、避けた方が良いという事です。
つまり、ミネラル成分、要は不純物を一切含まない「ピュアウォーター」が赤ちゃんの粉ミルク作りに最適なミネラルウォーター(正確には違いますが)なのです。
軟水でもカルシウムやマグネシウムは含まれていますし、完全ミルクの時期は特にそうですが、ミルクは1日に何度も飲む事になるものなので負担になるものは無くしてあげる事が一番なのです。
最近では粉ミルク専用のピュアウォーターが各メーカーから発売されています。
「ベビーのじかん」や「ベビーピュアウォーター」という商品名のもの等が有名で、ベビー用品店やデパートなどで売られています。
粉ミルクだけでなく果汁を薄めたり色々と使え、必ず使うものですし持ち帰るのは重いので、インターネットでまとめ買いしていました。
もちろん、ピュアウォーターは大人が飲んでも構「ません。
ピュアウォーターは純水としても売られていますが、スーパーの店頭によくある水は東日本大震災の時にもよく報道されましたが、水道水をろ過しただけのものだったり中身がよく分からない場合もあるので注意が必要です。
ピュアウォーターは災害時にも役立つミネラルウォーターです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.