ミネラルウォーター画像

ミネラルウォーターに副作用はありませんでした

健康のためと思い、ミネラルウォーターを個人的に様々試して来ましたが、これまでのところ特別副作用といったものは一切感じたことがありません。
これまでミネラルウォーターでは、硬水、軟水、発泡水、アルカリイオン水、海洋深層水、水素水などを試してきました。
非常に飲みやすいのは日本人にとっては軟水だと思います。
料理などに使うのにも軟水は便利でおいしいですし、そのまま飲んでも沢山飲めるのが軟水だと思います。
一方硬水はミネラルを多く含んでいるので飲むようにしてみましたが、味の感じが正直あまりあわない気がしました。
少し飲む分には構わないのですが、大量に飲むものではないなという印象があります。
結構飲んで気に入ったのは発泡水で、最近はダイエットにも役に立つと言われているようですが、ビールにも通じるようなさわやかさがあり、夏場は冷やして飲むだけでかなりの満足感と清涼感が得られてとても好きになりました。
アルカリイオン水は非常にポピュラーになったものですが、汗をかいたときなどには飲みやすく、夏場を中心にコンスタントに飲むようになっています。
このあたりまでの水は比較的安く、大量に購入しても大きな負担にならないため、季節で調整をしながら適宜購入して印象するように心がけています。
どの水もまったく副作用といったものは感じられませんし、味の好みというものはありますが、調子が悪くなるといったことは一切感じたことはありません。
我が家では家族中がそうした印象をもっており、特別懸念事項もまったくなく、おいしく飲ませてもらっています。
さて、そのほかにもミネラルウォーターというのは色々ありますが、あまり飲まないのが、海洋深層水です。
体にいいことはわかっているのですが、どうもあのどろっとしたような感じがあまり好きではなく、正直長続きしませんでした。
また水素水も面白いとおもって購入した時期がありましたが、比較的値段が高いということもあって、世間で話題になるほど我が家では続いていません。
これまでほとんど試したことがないのが音泉水や酸素水です。
これはあるのはわかっているのですが、実はあまり興味がなかったので飲む機会がありませんでした。
水の場合には、様々な成分からいろいろな効能が語られていますが、個人的な飲用の印象からいいますと、飲みやすいというのが最大のポイントで、これがある限り、長続きしていくと思います。
逆に味が合わないとおもったものは概念として体にいいと思っても結局長続きしなくなってしまいます。
不思議なものですが、結局水も味が決め手になってきてしまいます。
まあ考えてみれば人間の体を構成するもっとも量の多い部分が水ですから、体が欲するものを飲んでいくのがもっとも自然なのかなとも思うようになっています。
やはり頭で考えるのと体が欲しがるものは多少違うのかも知れません。
しかし色々試していくうちにすっかり水が好きになったことは事実でありまして、飲みすぎはよくないとも言われますが、大量に飲んでいますと汗もくさくならなくなりますし、かなり体が浄化されやすくなってきている感じがします。
これは水に興味を持ち始めて本当によかったと思う瞬間です。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.