ミネラルウォーター画像

腸炎で便秘になり水分不足をミネラルウォーターで補いました

子供の頃から便通が良くて、便秘の人の気持ちなどわからないくらい快便な毎日を送っていたのですが、ある時から便の出が悪くなってしまいました。
それは独り暮らしをしていた時のことですが、仕事の帰りに当時付き合っていた彼女から「水餃子を作ったので持って帰って食べて」と言われたので、とてもお腹がすいていたので頂いて帰りました。
食べるときの注意で、沸騰したお湯に水餃子を入れて湯面に浮いてくるので少し待ってから食べるように言われていたのです。
すぐに食べてはだめだと言われていたのですが、お腹がすいていたのもあり、浮いてきては水餃子を食べました。
美味しかったので全部をぺろりと食べてしまい、ビールも飲んでいたので寝ようかと思っていたら、なんだか体が寒くなって来て、まだ10月だというのにストーブをつけないといられないくらい体が寒くなってきたのです。
最初は寒いな程度だったのですが、これが段々と耐えられないくらい寒くなりそのうちに腹痛まで伴って来たのです。
夜中だったのですがさすがにまずいと思い彼女に電話をしたら慌てて家に来てくれました。
すぐに救急病院に行こうと言われたのですが、とにかく痛み止めを飲めばおさまると思っていたので、薬を飲ませてもらいました。
なんとか少しおさまってきたので、彼女には帰ってもらい寝床についたのです。
翌日もなんだかお腹の調子が悪く食欲も無かった状態で、仕事に行こうと車に乗って運転していたのですが、なんとなくこのままではまずいかもと考え、通りにある病院に行ったのです。
仕事時間までは多少は時間もありました。
朝の病院はお年寄りなども多くて、人がたくさんいたので、受付を済ませて待っていました。
多少はお腹が痛くなってきたと思っていたのですが、ちょうど受付を済ませてから1時間半過ぎくらいに、なんだか痛みが強くなってきました。
名前を呼ばれたのでやっと診察してもらえると、移動するとまだ中に入ってから待つシステムだったので、ちょっと焦りました。
私の隣にいたおばあちゃんが具合悪そうにしていたのもあり、自分が相当お腹が痛いと言えなくて我慢していたのですが、さすがに限界が来て倒れそうになった時に、そのおばあちゃんが看護師さんを呼んでくれました。
すぐに車イスで別の救急診察に運ばれてベットに寝かせられまして、痛み止めと点滴が始まったのです。
ちょっと楽にはなったのですが、段発的に痛みが続いていたので、話せるうちに仕事の休みを連絡を入れてました。
先生の診断結果たぶん急性腸炎だろうという事で、トイレに便を取りに行きまして、通常の腸炎は下痢も伴うはずなのにそれが無かったので不思議に思いました。
痛みを止める為に強制的に腸の活動を止める薬を使ったので、とりあえず痛みは治まったので、とても安心しました。
それからなんとか2日間で回復したのですが、なんと便が出にくくなってしまいました。
急に便秘症になったので、初めは一過性のものと思っていたのですが、何日も続いてしまい。
なんとか解消をしようとヨーグルトや食物繊維などを積極的に摂るようにしました。
便通が良かった頃から水分は取らない方だったので、先生からミネラルウォーターなどの水分も積極的に摂るように言われて、以前の便通を回復させようと頑張っていました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.